沖縄特集

  • HOME »
  • 沖縄特集

大構想への挑戦 沖縄を「世界平和の拠点」にする!

腎臓移植をしてから、時間との競争をしている。特にここ2、3年は激動の時期に入るという予感がする。公私共に大きな節目を迎えているようだ。11月2日には、97歳になる母親を天国に見送った。親不孝もしたが、できるだけのことをしたという気がするので、悔いはない。12月10日には、宮古島…以下、本文へ

「沖縄から日本が変わる」

南北約400キロメートル、東西約1000キロメートルの海域に浮かぶ島々からなる沖縄。東京をはじめとする本土の主要都市から遠距離であることや、100以上の島からなるなどの理由から、これまでは経済的に不利とされていた沖縄が今、注目を集めている。その背景にあるのは、アジアの…以下、本文へ

沖縄「米軍基地」問題はなぜこじれたのか?

沖縄には日本にある米軍施設の約75%(土地面積)が集まっている。米国は沖縄を戦略上の重要拠点「太平洋の要石」として基地強化を図ってきた経緯があり、そのため米軍基地が沖縄に集中し、沖縄は過重な負担を強いられてきた。そして、今また普天間基地の辺野古移転問題で大きく揺れている。…以下、本文へ

勝手連が辺野古住民の声を聴く

米軍の辺野古基地移設の問題は、連日マスコミ等で大きく報じられているが、肝心の辺野古区民の声はまったく報じられていない。国も自治体も誰も辺野古区 民との直接対話を避けているからである。この状況を何とかしなければならない。辺野古区民の生の声を聞くべきである。そして、全国に報…以下、本文へ

沖縄・辺野古住民は賛成か反対か?

沖縄県名護市東部の久志地域に位置する区(本土でいう大字に相当する)で、普天間飛行場の移設予定地とされるキャンプ・シュワブがあることで知られています。二見・豊原に隣接し、また世富慶・数久田とも隣接しますが、間に山を挟んでいるため直接の往来は困難です。世富慶とは二見経由で往来…以下、本文へ

光永会長緊急訪問 南西諸島への自衛隊進出

2015年7月8日、宮古島市議会は「陸上自衛隊の早期配備を求める要請書」を賛成多数で採択しました。市民に反対の声がある中、一定の結論が出たものと言えます。訪れた多くのマスコミの合同取材に応じる直前の忙しい中でしたが、私は市長と二人っきりで会い、腹を割った意見交換をしま…以下、本文へ

沖縄へのカジノ導入の是非を問う !!

今アジアの国々はカジノ産業に熱い動きを見せており︑日本では合法化するかどうかの議論が進められています。シンガポールは観光拠点としてカジノ法案を可決しめざましい発展をとげました。マカオは04年にカジノの51億米ドルに達し、ラスベガスの売り上げ(03年で5400億円)に並び…以下、本文へ

沖縄独立・一国二制度の是非を問う !!

日本の社会が、あらゆる意味で深刻な閉鎖状態にある今、活力あふれる「日本再生」への発想が求められています。それは社会変革の突破口となりえる、改革可能なあらゆる基礎条件をそなえている沖縄の変革です。つまり、地方分権推進の発展形でもある「沖縄自治独立」を突破口とする日本社会の…以下、本文へ

TEL 03(6892)0015 [総本部代表]

PAGETOP
Copyright © 全国勝手連連合会・総本部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.